2014年

2月

11日

2013年度 リーダーズトレーニング

こんにちは。

遅くなりましたが、先週2月5・6・7日に行われました、2013年度リーダーズトレーニング(以下 リートレ)についてご報告致します。

 

今年度のリートレは、参加者約50名ほどで、熊本校舎に所属する各団体から参加していただきました。

 

1日目である5日には熊本校舎にて自己紹介プログラム及び部室棟清掃を行うことで、参加者同士を互いに知ってもらいました。

 

 

そして2日目。

昨年度と同様、あしきた青少年の家にて合宿を行いました。

この日は問題解決演習と題して、事前に決められたグループで自分の持つ情報をうまく伝え、チームで問題を解くという演習や、しっぽとりやフットサル、ドッヂボール等のレクリエーションを行いました。

参加者の皆さんは、少しずつ仲を深め、レクで一緒に体を動かす事で自然と心を開いていたように感じました。

 

 

最終日である3日目は、私が講師役としてプログラムの進行役を務め、企画演習を行いました。

今回のリーダーズトレーニングでは、「交流」と「意識向上」を大きく目的として置いていたため、学生主体での活動を促すためのプログラムとして企画演習を取り入れました。

 

中身としては、簡単に私から企画についての説明とノウ・ハウを教え、その後実際にグループ単位でイベントを企画するというもの。

参加した皆さんは、思い思いの企画を立ち上げ、その目的、場所や時間はもちろんのこと、準備物や予算など、内容をよおい濃いものとしていました。

最後のプレゼンテーションでは、それぞれ得意の形で発表し、質疑に対しても柔軟な対応を見せるシーンも見受けられ、自分たちの立ち上げた企画を成立させようという意思が伝わってきました。

 

 

総括と致しまして、今回の企画を通じて参加者の皆さんに、少しでも主体性、自主性といったものを養っていただけたかと思います。

また、第一の目的として掲げた、「交流」という面でも、参加者同士の絆を深め、学生会としての強い意識を育むことにも成功したように感じます。

何よりも参加した皆様に楽しんでいただけたようで、運営側としても成功であったと感じる事ができました。

 

我々東海大学熊本学生会は、これからも成長を続け、他の大学にないような特色ある団体として熊本県全体の刺激であると共に、熊本県の他大学を牽引できるような団体を目指します。

 

皆様どうか、今後とも東海大学熊本学生会へのご理解ご協力をお願い致します。

 

0 コメント

2014年

1月

15日

第41代東熊祭実行委員会

こんにちは。

 

昨年11月1日、2日、3日に行われました第41回東熊祭、第41代東熊祭実行委員会について少し振り返りたいと思います。

 

始めは6人からでした。

 

3年生は1人、あとは2年生が5人だけで、数が少ない中でも新しいこと、面白いことをやっていこうと何度も何度も打合せを重ねていた一昨年の12月。

 

そして、昨年4月。

10人の1年生たちがメンバーに加わり発足した第41代東熊祭実行委員会。

1年生企画を行ったり、学生会イベントへの参加をしたりと、様々な経験をしながら、東熊祭に向け全員で準備に取り組みました。

 

迎えた本番の日。

カラオケ、ダンス、模擬店参加企画、女装コンテスト、ミスキャン。

1年生たちは司会を務め、会場を多いに盛り上げてくれました。

熊本県内外からゲストをお招きし、様々な催しを行い、芸能人ライブでは、きただにひろしさんと佐咲紗花さんに雨も降る中、屋外ステージで歌っていただきました。

 

問題なく終わった訳ではありませんが、多くの人に笑顔を与えることができたと感じております。

東熊祭実行委員会での相互協力・絆、そして大学教職員の皆様のご協力、何より地域住民の皆様、ご協賛いただいた企業の皆様、会場にお越し頂いた皆様のご協力によって第41回東熊祭を開催、無事終えることができました。

この場を借りて御礼申し上げます。

 

来年度も東熊祭を開催するにあたり、東熊祭実行委員会も日々励んで参りますので皆様どうか今後ともよろしくお願い致します。

 

第42代東熊祭実行委員会委員長  林 慎也

0 コメント